新しいBlueShipな旅【雑誌取材多数!!】【海外旅行サークル】南米ボリビアの絶景ウユニ塩湖に行きましょう!

BlueShip

BlueShip海外旅行サークルで、友人とはじめて海外旅行に行ったのはスペインでした。

大学の教授主催の学生旅行でパリに入ったことがあるものの、個人的に海外に行くのははじめてでした。友人に至っては海外旅行そのものがはじめてという旅でした。当時美術系の学部に在籍していたのでガウディの建築が見たくて旅行を決意しました。日々のアルバイトから少しずつお金をためて計画した貧乏旅行です。飛行機も安いチケットですしホテルだって一流ではありません。でも、添乗員が同行してくれて、バルセロナでのフリータイムが多いことが決め手となりそのツアーに申し込みました。手頃な値段と二月という時期もあって、大学の卒業旅行に参加した同年代の人が多くとても楽しい旅でした。お目当てのガウディ建築はバルセロナ市内のメジャーなものをすべて回ることができました。グエル公園、カサミラ、カサバトリョ、もちろんあのサグラダファミリアもです。当時はまだまだ前後の門ができてるくらいで今の姿は想像もできないものでした。海外旅行は単に楽しいというだけでなく、得るものがすごく大きいと思います。

BlueShip海外旅行サークルの同じツアーで友達になった方とは今でも交流があります。

ひとりは海外ボランティアなどにも参加する行動派です。若いときにどんな理由でも海外に出るということはその後の人生の行動範囲を広めてくれるのではないでしょうか。今はさまざまな国際ボランティア等もありますが、それらへの参加意欲の根底には海外に出たことがあるという経験値にある気がします。私自身は今は小さな子供もいてなかなか海外旅行に出るのも難しい環境ですが、完成の近いあのサグラダファミリアを主人と訪れてみたいという思いがあります。心のなかにそんなに遠くの地に思いを馳せる小さな窓があるというのは、日常が楽しくなるひとつのワクワクではないでしょうか?もし、海外旅行にいったことがない、治安や言語など不安ばかりだというがいらしたら、不安ばかりではなく大きな財産がそこに転がっていると思って一歩外を出てみてください。きっと素敵な経験になると思います。そして、次は、遠方のウユニ塩湖に挑戦してください!

BlueShip

海外旅行サークルBlueShipでの海外旅行初心者から上級者まで、多くの人にオススメできる旅行先として、タイが挙げられます。

その理由をいくつか紹介してみます。まず第一に、アクセスの良さです。近年のLCCの発達により東京や大阪、福岡などから格安フライトがバンバン飛んでいるので、週末弾丸海外旅行の人気スポットになっています。第二に、サービスの質に比べ物価が安いことです。最近では首都バンコクを中心に物価は上昇傾向にありますが、それでも日本と比べたらまだまだ安いです。そして他のアジアの途上国に比べると衛生面やサービス面が遥かに良い為、『安かろう悪かろう』ではないのも良いポイントと言えます。第三に、見所の豊富さです。首都のバンコクはいかにもアジアの大都市という熱気に溢れ、北部のチェンマイは様々な寺院が立ち並ぶ落ち着いた古都、南部に行けば有名無名問わず数々の美しいビーチが広がっています。

国内の交通網も発達しているので、北部で象に乗ってハイキングをした翌日に南部でスキューバダイビングライセンスを取得、なんていうことも可能です。海外旅行サークルBlueShipではなんでもできるのですよ!

最後に、言葉の壁の低さです。タイは世界的な観光国であることから比較的英語が通じやすく、有名な観光地では日本語が通じる場合もあります。特に海外旅行に慣れていない人にとって言葉の問題は悩みの種になりがちですが、タイではあまりその心配をする必要はなさそうです。まだまだタイの魅力はありますが、それは実際に行って自分自身の目で見てみるのが一番かもしれません。海外旅行、学生旅行、海外ボランティア、国際ボランティアなどでタイに行って、ぜひ素敵な思い出を作ってみて下さい。

TOPへ